会員ログイン
オオタニワタリ
オオタニワタリ

オオタニワタリ

学名
Neottopteris antiqua
和名
オオタニワタリ
流通名
タニワタリ、アスプレニウム
分類
チャセンシダ科オオタニワタリ属
出荷時期・季節
春~夏
性状
常緑多年生シダ
原産地
日本の暖地,済州島,台湾より南
用途
中鉢・大鉢
                       

特徴・ワンポイント豆知識

樹上や岩石などに着生し、根茎は塊状で放射状に多数の単葉を出します。葉は革室で長さ40~100㎝くらいになり、高温多湿半陰であればよく生育します。

管理方法

光量
半日陰
耐陰性
あり
温度
5℃以上
普通
葉水
あり
越冬
耐寒性は強いので、普通の室内で越冬します。
施肥
生長期の5月下旬~9月下旬に、1カ月に1度緩効性肥料を与えます。
植え方
基本的に根詰まりしにくい植物です。何年も順調に育っていた株の葉数が急に減ってきたり、元気がなくなってきたと感じたら植え替えます。
増やし方
胞子または株分けで増やします。