会員ログイン
赤ドラセナ
赤ドラセナ

赤ドラセナ

学名
Cordyline terminalis‘Ti’
和名
センネンボク
流通名
アカドラセナ,アカドラ
分類
リュウゼツラン科コルディリネ属
出荷時期・季節
周年
性状
常緑低木
原産地
東南アジア
用途
中鉢・大鉢
                       

特徴・ワンポイント豆知識

単茎または分枝します。葉は長さ30~60cm,幅7~10cm,葉柄の長さ10~15cmで深い溝があります。この種を原種に白,紫,桃色の葉などの品種があります。

管理方法

光量
夏は直射日光をさけます
耐陰性
あり
温度
0~5℃
普通
葉水
効果あり
越冬
普通の室内で越冬できます。
施肥
夏の生育期に、緩効性肥料を2ヶ月に1回程与えて下さい。
植え方
2~3年に1回を目安に、株が大きくなったら植え替えて下さい。5~6月が適期です。
増やし方
地下茎の根伏せか挿し木で増やします。地下茎は3~5cmにきって、伏せ込みます。挿し木は茎を5~7cm程度に切って上下を間違えないようにして挿します。適期は5~7月です。15℃以上あれば30~40日で発根します。