会員ログイン
マハラジャ
マハラジャ

マハラジャ

学名
Euphorbia lactea
流通名
マハラジャ
分類
トウダイグサ科ユーフォルビア属
出荷時期・季節
周年
性状
常緑多年生多肉植物
用途
小鉢
                       

特徴・ワンポイント豆知識

「マハラジャ」は、トウダイグサ科ユーフォルビア属で、この属にはユニークな形の植物がたくさんあります。なかでも、マハラジャは街の園芸店ではあまり売られていない、珍しいユーフォルビアです。怪獣のような、扇のようなウネウネうねったユニークな形と独特な雰囲気で人気があります。全身に鋭いトゲがあるので、触る時には注意が必要です。また、表面を傷つけると白い液体がにじみ出てきますが、毒性があるので触れたら手を洗いましょう。

管理方法

光量
夏は直射日光を避けます。
少なめ
葉水
効果あり
越冬
寒さには弱いので、暖かく日当たりのいい場所に置きます。
施肥
肥料をあまり必要としません。春に1回、緩効性の化成肥料を与える程度で十分です。
植え方
休眠期の冬を避け、春から秋(3月~9月頃)の季節に行います。マハラジャは根が弱いので、ていねいに扱ってあげましょう。
増やし方
休眠期である冬を避け、春から秋(3月~9月頃)に種まきして増やします。