会員ログイン
ロベニアヤシ

ロベニアヤシ

学名
Phoenix roebelenii
和名
シンノウヤシ
流通名
フェニックス・ロベレニー、ロベニアヤシ
分類
ヤシ科フェニックス属
性状
常緑低木
原産地
インドシナ、ビルマ、インド(アッサム)
用途
小鉢・中鉢・大鉢・切り葉
                       

特徴・ワンポイント豆知識

英名Jack in the box                               pygmy date palm                                                             フェ ニックス属の小型のヤシで、主に鉢植えとして室内の装飾用に利用されます。成長も非常にゆっくりとしており、耐寒性も強く、育てやすい品種ですからお部屋 をトロピカルな雰囲気に演出するにはもってこいの観葉植物です。明るい場所に置いて管理してください。0℃までは露地栽培もできるそうです。                            インテリアだけでなく、高い有害物質の除去能力や蒸散能力も併せ持っているそうです。サイズも様々なものが流通しており、贈り物にもよいのではないでしょうか。

管理方法

光量
夏は直射日光を避ける
耐陰性
あり
温度
0℃以下
普通
葉水
効果あり
越冬
耐寒性は強いので、普通の室内で容易に越冬します。
施肥
夏の生育期に、緩効性肥料を2ヶ月に1回程与えて下さい。肥料が多すぎると、予想以上に育ちすぎる場合があります。
植え方
3~4年に1回を目安に、株が大きくなったら植え替えて下さい。5~6月が適期です。
増やし方
種子で増やします。